news

2017/02/26 22:14

 昨年末、ギャラリーハウスMAYAで発表した作品を小冊子にまとめました。

展示は一定期間で終わってしまいますが、作品集は後に残ります。

私は、自分の作品が、工芸的な手法をとりながら、

物語、メッセージを伝えるイラストレーションでありたいと思っています。

そのため、紙媒体、web媒体でテキスタイルの特徴、良さを上手く伝える事が大きな課題となってきます。

 

 

テキスタイルの絵は、なかなか印刷では表現し難いのですが、

グラフィックビジョンという280線の高精細印刷で、

布と糸の質感がとてもよく再現されています。

また素材の良さが活きる構図、配色、布の処理など、デザインにも気を配りました。

これまで、ミシン刺繍と着彩で絵を描いてきました。

ミシンの線は、基本的に線のドローイングなので、

広い面を表現したり、いろんな質感を表現するのに、制限が多かったのですが、

アップリケとハンドステッチを取り入れた事で、表現の幅がグンと広がりました。 

 

 

私は、一度は役目を終えた物を、アイデアでもう一度蘇らせるクリエイティブリユースに感心があります。

古布を使った作品、イラストレーション制作も、その一巻として、世の中に提案出来ればと思っています。

SNSに作品をあげると、思いの外海外の方々からの反響が多かったので、

海外の方にも見て頂けるよう、作品集には英訳も付けました。

久しく国内にどっぷり浸かっていたので、久々の英訳もちょっと大変でした。

表記でお気づきの点がございましたら、ご指摘頂けると有り難いです。

 

 

 

10000円以上送料無料

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド